2009年11月25日

言葉のチカラ


コミュニケーションに言葉は不可欠。



ましてや僕のように、いつだってトークに頼り、トークが上手になりたいと思うような奴には、もはや言葉はパートナーとも言える。



しかし、言葉は、自分の心を伝えることに有能ではない。


相手との信頼の中で、言葉が嘘となってしまったり、回数を重ねるうちに、言葉の価値が薄れて言ってしまう。


やがて、心の内が見えなくなって行ってしまうのだ。


相手を信じる事、軽率に言葉を重ねない事が、いかに難しくて大切なことかが分かる。



しかし、誰かが自分の心を代弁してくれた場合、それは高い確率で相手に真実として届く。


だから友人や恋人、家族と心を共感し合って生きていくのかも知れない。


そのわずかながらの可能性を信じたいから。



言葉は、自分の心を伝える事には有能ではない。


しかし、誰かの心を救うには、あまりにも大きな力を持った、最大の武器であり、宝物になりえるのだ。



言葉はコミュニケーションの為ではなく、誰かの心を救うために生まれたものかも知れない。


そして心を理解しあう事は、理屈では語れない不思議な力で成り立っているのかも知れない。




グッと来るメールが来て、それを保存したことはあります。


しかし、メールを見て思わず泣いてしまったのは、先日22歳にして初の出来事でした。



誰かの心を救えるなんて、僕にそんな大した事は出来ない。


でも、ほんの少しでも僕の言葉で、前向きになったり、心が明るくなってくれたなら、これほど嬉しいものはないんだろうと思う。


そんな男になっていきたいと思った、11月の寒い夜でした。
ラベル:言葉 価値
posted by 退屈泥棒 at 00:01| Comment(24) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ご無沙汰してます!!

いやぁ〜。


死ぬかと思いましたあせあせ(飛び散る汗)


毎年この時期は何故か多忙になって、体調も崩すと言うのが、ここ数年僕の周りでは常習化してましてふらふら

今年は、インフルもどき(熱無しのインフルエンザの症状)と、食中毒の併発にやられてしまいました……


熊ちゃんのブログを見た方ならもうご存じかとは思います。



皆様にはご心配おかけしたと共に、日記の更新を楽しみにして下さっていた方々の期待を踏みにじってしまって、すみませんでしたダッシュ(走り出すさま)


人間には限界があるんですよ、皆さんどんっ(衝撃)


お医者さんの説教を糧にして、これからは以前のように、日記更新したいと思います(笑)



また、日本人の歴史として、「病人は“科学者”か“小説家”になる」という風習があるように、僕も病床の間にポンポンと短編小説を生み出していました。


転んでもタダじゃ起きませんexclamation


福田緒半(ショパン」という、いかにも病気がかった明治人というペンネームで、短編も掲載していければと思っています。



という事で、熊ちゃんのブログも含めて、コメントやメールを下さった方々。


ありがとうございましたm(__)m


今後とも、『退チョー』をよろしくお願いします。


僕も『体調』に気を付けますので(>_<)



復帰祝いの「面白い事」は、今度のラジオで、もんたよしのりさんのモノマネで勘弁してください(笑)
posted by 退屈泥棒 at 14:01| Comment(40) | 復活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。