2009年12月12日

ボタン

先日、同い年の大学の友人がバイトするお店に、一緒にご飯を食べに行ったら、バイト先の店員に、



「ねぇ○○。

(僕を指して)この人が、弟さん?」



と言われました。


人目もはばからず、大声で「ヤッター」と叫んでしまいました。



まだまだ行けます!!!



って事でそんな浮かれポンチ


先日友人と、ビートルズの『help』がよくかかってる某庶民的デパートに行った時のこと。


エレベーターに乗り込んだんです。



そして、ドアを閉めようと思ったその時、


遠くから一直線にこちらへ走ってくるおばさんが見えたのです。



「このエレベーターに駆け込みたいんだな」と瞬時に分かったので、




「大丈夫ですよ!

開けときますから」





という笑顔を送りました。


それが通じたようで、おばさんは安心した表情になり、スピードも緩めたのです。



そうして、残り3mくらいまで近づいた頃に、おばさんに「どうぞ」と声をかけながら、エレベーターの『開』ボタンを押したのです。






その瞬間、


ドアが閉まりました。



僕はそうやら;">『閉』ボタンを押したようです。


おばさんの方見て、よそ見してましたから……



おばさんの「えっ?」という絶望に満ちた表情を閉じ込めるように、ドアは無情にも閉まってしまいました。


発信するエレベーターで、監視カメラも気にせず、



「しまったぁ〜〜〜〜〜!!」



と大反省の絶叫をしたのは、僕にも人としての心があったからです




しかし。


あの時のおばさんの顔は、芸術品でした(笑)



大反省の数秒後には、ちょっと顔がにやけてしまった自分と友人。




人でなしです。



そして、ちょっぴり中学時代を思い出したのも、また事実。


積算で、絶対にもうすぐバチが当たると思います。



ボタン一つで核戦争が怒ってしまう時代ってのが身にしみた、冬の午後でした。
posted by 退屈泥棒 at 19:16| Comment(45) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

物理は時に非情

2年ほど前の事。


よく行くTSUTAYAの駐輪場にカップルがいました。



彼女はややポッチャリした女の子


そんな彼女が言いました。



「私……



最近、また太ったんだよねぇ。」




どうやら、ひどく自分の体型・体重を気にしている様子。



そんな落ち込んだ表情の彼女に、彼氏が言いました。



「全然、大丈夫だろ


気にすんなよ。



ほら、早く後ろ乗れよ」




彼氏のその言葉を聞いて、安心したのか。



微笑みを浮かべて、彼氏にうなずいていました。




まぁ、こちらも微笑ましくなる光景でした。





ここまではね……(笑)




ご機嫌よろしくなった彼女が、サッと自転車をまたぎ、座ったその瞬間。




ブッバンッッッッ





後輪タイヤ、破竹の勢いでパンク。



TSUTAYA前、まさかの発砲騒ぎ(笑)




ビビり退屈泥棒も、腰が砕ける寸前でした。



パンクした自転車は、クタクタな様子に。



まるで、


「こりゃ、無理っす」


と言ってるかのように……


そして、まぁ〜彼女の落ち込み顔と言ったら。


可哀想で見てられなかったですよ。


その後、どうやって彼氏は慰めてあげたんですかねぇ。


彼氏の思考回路もパンクした事は、言うまでもなさそうですね




ん〜、



万有引力って奴は、時に非情です
posted by 退屈泥棒 at 23:37| Comment(16) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

踊り場の絶叫!!

皆さんご承知の通り、僕は幽霊だとかそんなんに対して、かなりのビビりです(笑)

今日はそんなビビりの起こした珍騒動のお話。


先日、都内の某マンションに遊びに行った時の事。



帰り際に友人が言ったのです。


「ここら辺、最近不審者がでるらしいから気をつけろよ?」


夜の11時過ぎにそんな事を言われた日にゃ、ビビりますよね(>_<)


で、友人宅を後にしたんですが、そのマンションはエレベーターが無いんです。


だから、らせん状になっている階段を6階から地道に降りて行くしかないんです。


それがたまらなく怖くなった退屈泥棒。


それを紛らわすために、MDウォークマンをかけ、自分の世界だけに集中しようと図りました!




今思えば、それがいけなかったんですよね…(^_^;)


順調に、必死に気を紛らわしながら階段を下りていきます。


ゴダイゴの『ビューティフル・ネーム』でリズムをとりながら(笑)


そして、4階と3階の間にさしかかったその時、




僕の世界の目の前に突然、ボロボロに汚れた格好の若い男が登場。



らせん状なので、事前に確認する事が出来なかったんです…






「フギャーッッッ!!!!!!!!!!!」



猫が交尾中に尻尾を踏まれた、みたいな声で絶叫!!


20歳にもなる、九州男児の血をひく男が(笑)



若い男の人も、僕の思わぬ反応に驚き、数段転落。



更に、その悲鳴に「不審者の登場か!?」と心配してきた住民の方々が駆けつけてきました。



もはや大事件(・・;)


結局、男の人はそのマンションの住民の方だったらしく、僕がただビビりだっただけで多大なる迷惑をかけてしまいました。


若い男の人も含めて、一同、大爆笑。


大家さんは、


「なかなか骨のある声してるな」


ですって。


いやぁ、みんなイイ人で良かったぁ〜(;_;)


でもしばらくはそのマンションには行けそうにないです…



皆さんも、外の世界を遮断する事は危険ですので、やめましょう!!




まぁとりあえず。




どうして若い男の人はボロボロだったのか。



気になりますね(+_+)
posted by 退屈泥棒 at 01:36| Comment(15) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。