2009年09月22日

ガラス越しに消えた夏

さよなら〜を繰り返し〜♪

君は大人になる〜♪

ときめきと戸惑いを〜♪

その胸にしのばせて〜♪


僕は自称エンターティナーですから、いつまでも辛気臭いことばかりは言ってられません。


という事で、タイトルと冒頭の歌詞は、1988年の鈴木雅之のヒット曲です。


2009年の夏も、もう終わりを告げて、秋が近付いて来ましたね。


夏といえば恋の季節!!



という事で、今回は実際にあった、

“ひと夏の恋の話”

の1つを紹介しましょう。



2006年の夏の出来事。


Aは喫茶店でバイトをしている大学1年生の男の子。


そんなAは、バイトをしている時に、窓の外を決まった時間に歩いて行く女性に気づいたのです。


それはとても素敵な容姿の女性で、Aは一目惚れしたのです。


それからは、その女性が窓の外を通り過ぎるのを眺める事が、バイトでの楽しみになっていました。


そんなある時、Aがバイトをしていると、突然大雨が降り始めたのです。


それは、一目惚れの女性が通り過ぎる時間のことでした。


そしてその女性は、行き惑う人々の中に紛れながら、その日は通り過ぎず、窓の外で雨宿りを始めたのです。


Aにとって、その女性と接点をはかるのには、これほどのチャンスはありません。


Aは、自分のロッカーにあった置き傘を持って、女性に話しかけたのです。






「あ、あの〜。お困りでしたら、この傘をお使い下さい!」




すると女性は、清楚に微笑みながらこう言ったのです。






「お気持ちだけで十分です。


その傘をお借りしても、私はもう返しに来られないので……」



どうやら女性は翌日に、遠くへ転勤してしまうようなのです。

女性は寂しげな表情を浮かべながら、降りしきる雨を見つめています。



「もう、この人に会えなくなるのか……」


女性の寂しげな横顔を見ていたAには、言い様の無い悲しみが込み上げてきたのです。

気を抜いたら、今にも泣き崩れてしまいそうなショックに耐えるA。


そして、しばらくの無言の後、Aは声を振り絞って、こう言ったのでした。







「返して貰えなくてもいいですから、使ってください!!





またあなたが、ここに来てくれる日をずっと待ってますから」



そう言って、先ほどの女性に負けない程の明るい笑顔を浮かべたのです。

女性は、そんな健気なAの言葉に心打たれたのか。


少し涙を浮かべた瞳と、少し震えた声を揃えて、




「ありがとう」


とだけAに言い残し、降りしきる雨の中を足早に去って行きました。



Aはその後ろ姿を、見えなくなるまで、ジッと見つめていたそうです。


それから3年が過ぎた今年の夏も、Aはまだその喫茶店でバイト続けています。




「もし、その女性が傘を返しに来たら、その時には告白しようかな」



冗談混じりにそう話すAは、どこか嬉しそうで、どこか寂しそうです。


ちなみにAはこの3年間、機会はあるのにも関わらず、彼女を作っていません。



まさに、『ガラス越しに消えた夏』ですね(T_T)/~~~



という事で、鈴木雅之のこの曲は超名曲なので、是非、夏の終わりに聴いてみて下さい(>_<)
posted by 退屈泥棒 at 22:12| Comment(18) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

無情の結末


久しぶりです。




この衝撃は忌野清志郎さん以来です。





この絶望感、脱力感はZARDの坂井泉水さん以来です。





発見された遺体、臼井義人さんと確認されたそうです。






現在21歳の僕ら世代と共に成長してきた『クレヨンしんちゃん』



沢山笑かされて、



沢山泣かされて、




いつも愛せる相手だった、僕の“幼なじみ”です。




それの生みの親。


作品ってのも、人間と同じで、作者にしか作れない世界があるんです。


きっと、『クレヨンしんちゃん』ほど色が強いマンガを他の誰かが、全く同じように引き継いでいくのは不可能でしょう。




それを思うと、2人の大切な存在を一気に失った哀しみに襲われます。



不覚にも涙がこぼれていましたよ。




僕個人なら、『スラムダンク』『ドラゴンボール』という超名作よりも、後世まで語り継ぎたいと心から思うアニメです。



『クレヨンしんちゃん』を子どもに見せない、もしくは自分も見ないという親は、心のさびしい、表面的な方だなぁって思ってしまいそうになるほどです。




坂井和泉さんの時と同じように、自殺なのか事故なのか、永久の謎でこの事件は語られることになると思います。



あぁ、



世の中って……





しばらくはショックにうなだれることになると思います。




臼井さん、



心よりご冥福をお祈りいたします。




でも、



このブラックユーモアは、笑えませんよ……
posted by 退屈泥棒 at 00:36| Comment(11) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

想い出の九十九里浜

ラジオも終了したので、今回は日記らしい日記を書きたいと思いますわーい(嬉しい顔)




千葉県の九十九里浜という所へ行ってきました!


教育実習生仲間と一緒にー(長音記号2)



レンタカーを借りて車(RV)



まぁ帰り道では運転もした訳ですが、



ほとんどムードメークに徹してましたグッド(上向き矢印)


完全にリスナー参加型の人間ラジオです(笑)




おかげさまで喉の調子は落としましたが、退屈泥棒としての調子は舌好調でしたるんるん



そしていざロッジへダッシュ(走り出すさま)


200909171454001.jpg


3年弱使ってる携帯のカメラなので汚れてますが、綺麗でしょexclamation&question(笑)


ここでBBQもしました!!


中でも名物となったのが、旬な秋刀魚ひらめき


200909171553000.jpg


いやぁ〜たまらんですわわーい(嬉しい顔)



まぁ楽しい場でしたし、好きでもないはずのお酒も頂きましたビール


おかげで気功の達人のモノマネっていう新ギャグも誕生しました(笑)


一発ギャグを持たない事で有名なトーク芸人の宝ですぴかぴか(新しい)


リクエストあれば、動画載せますパンチどんっ(衝撃)



そうして夜を超え、朝から塩焼きそばと豚キムチっていうハードな朝食で目覚めて、房総半島をドライブ(僕が運転)し、海ほたるによって帰宅しました家



最高に楽しい2日間でしたが、やっぱり場所とか食事とかではなく、何より素晴らしい仲間が一番の要因だったと思いますぴかぴか(新しい)


200909171645000.jpg




母なる海とエネルギーの源である仲間に感謝ひらめき
posted by 退屈泥棒 at 23:12| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

朗報と心配事

まずは朗報です。


このseesaaというサイトにはブログランキングってのがありまして。


そこの順位をチェックしてみました。



全部で35044のブログの中で……









44位でした!!



僕のブログがまさかここまで上位だとは(・・;)


更新数も少ないし、写真もアップして無いのに(笑)




嬉しい限りですわーい(嬉しい顔)



がしかし、ここで満足せず、トップ10に入れるように頑張りたいと思いますパンチダッシュ(走り出すさま)




これが朗報。



しかしそれどころじゃないですよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




臼井義人さんが行方不明……



衝撃過ぎるニュースですがく〜(落胆した顔)



こうやって文章書いてますが、実際気が気じゃないくらいの思いです……



どうか無事に、



本当に無事に発見されて欲しいです。



そしてまた『クレヨンしんちゃん』で、今回の事件をネタにして欲しいです。



初期の連載から応援し続け、コミックスも全巻持っているファンとしては、ただただそれを願うばかりですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 退屈泥棒 at 00:22| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

『恋は、男がベタ惚れの方がうまくいく』

ということで今回は、退屈泥棒の“本には載っていない心理学”です!!


これは、僕の人生経験や考察をもとに、以前対談した現役心理分析医の方から得た知識を加えながら、オリジナルの学説を唱えるというものです。


自分で言うのもなんですが、あながち馬鹿に出来ない考察だと思います。


今回の学説は、

『恋は、男がベタ惚れの方がうまくいく』


という学説です。



何故、男がベタ惚れの方がうまくいくのか。


それは男女による心理学的・生物学的な違いが大きく影響しているのです。



男という動物は、自分の目標と定めたものや夢に対して、一番ロマンや情熱を抱く傾向にあり、女は恋愛に対して一番ロマンや情熱を抱くのです。



その潜在的な男女差をもとに考えると、女の強いロマンがこもった恋心を、男が“押し付け”と感じ、うっとおしく思ってしまう事が多いのです。


「女性の方の愛情が重いから」という理由で別れるカップル、皆さんの周りにも結構いらっしゃるんじゃないですか?


しかしこれがもし、男が強いロマンを込めた恋心を女に贈った場合は、女の潜在的なロマンに相乗効果がかかるんです。


だから、お互いが恋を大事にしようと思える環境が出来やすくなるんですね(^^)





また、男は恋愛に対して“妄想的”であり、女は“現実的”であるという統計が出ています。



これをもとに考えると、女の“現実的”な恋を男に要求した場合、妄想を愛する男にとって、これほど恋心を冷ましてしまうものは無い訳です。


しかし、男の“妄想的”な恋を女に要求した場合は、うまくいくんですね!


「でも、現実的な女の恋愛観に、男の妄想が通じるのか?」


なんて思った方は、前述した内容を思いだして下さい。




女は恋に一番のロマンを抱く動物なんです。


つまり“現実的”とは言えど、恋に対する情熱は、女の方が男よりも強いため、男の“妄想的”な恋も、簡単に受け入れる事が出来るのです!


それに女の人の方が、母性本能が存在する事によって、心の許容が広いですしね(^^)




更に、旧石器時代というような狩猟生活時代に培われた生活本能が、現代の人間にも備わっていると言われています。


男は弱者を自分の手で“守る”、女は生活を作る男を“支える”という本能です。


これを考えると、本能的にも男が女にベタ惚れであり、それを大切にしようと想うスタイルの方が、自然と調和がとれると言えるのです。




だいぶ簡略的な文章でしたが、以上の事から、



『恋は、男側がベタ惚れの方がうまくいく』



という学説を唱えさせて頂きました(^o^)



どうですか皆さん。


皆さんの恋、もしくは皆さんの周りの恋は、男と女どちらの愛情の方が勝っていますか??


まぁでも、いくら現役心理分析医やH政大学・心理学部教授にお墨付きを頂いた学説とは言えど、男と女の恋愛心理は深いものですし、マニュアル通りにはいかないものです(^_^;)



男がベタ惚れだろうが、ダメになる恋もありますし、


女が完全なベタ惚れでも、うまくいく恋だって沢山ありますからね。




でもまぁ、少しこれを参考にして頂いて、女性の方々は意中の人を“ベタ惚れ”させるように頑張って頂けたら、幸いです(*^_^*)


自分は“ベタ惚れ”されていると実感している方は、今の関係をキープして下さい。

男性のあなたは、意中の人を手放したくないなら、もっと“ベタ惚れ”になってみて下さい。


「1人でも多くの人が素敵な相手と、素晴らしい愛を見つけられますように」


という願いを込めて、ここに退屈泥棒の“本には載ってない心理学”を載せておきます(^o^)/
posted by 退屈泥棒 at 22:38| Comment(14) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。